企業理念

お客様につながるあらゆるものに
妥協なき精神で臨む。

妥協からは中途半端しか生まれない。技術・社員教育・サービス研究・施設建築
すべてに信念と決意を持ったプロフェッショナルを目指します。

施設建築へのこだわり

皆様の期待を裏切らないこだわりの住まいづくりを目指し「介護・建築・デザイン」それぞれの業界で第一線を走るチームで、最高の物作りを目指します。「自分の親に自信をもって薦めたい」を合言葉に私たちは新しい福祉施設のカタチを提案します。

サービスへのこだわり

サービスを研究するということは、介護の面だけではなく、「おもてなしの心」を追求するということに他なりません。食事・入浴・住居など、生活に関わる全てのものに対し、顧客満足を追求します。介護や保育が盤石なのは当然であって、いかに「こころ」が充実した時間を過ごしていただけるか。当社では日々研究を重ねています。

食事へのこだわり

料理は本来「食材」と「技」、そして「器」で楽しむもの。福祉業界では定番のメラミン食器ではなく、こだわりの食器で提供することはもとより、約4,000坪の自家農園から無農薬有機野菜を丹精込めて栽培し、本格料理人がそれを調理しています。「食」は「健」に通じ、はじめから終わりまで全てに関わることで「安心」をお約束します。

この業界に
イノベーションの風を吹き込む
先駆者になる。

とらわれない自由な発想で、新しい価値観を福祉業界に発信し続けます。

マイスター制度の開発

福祉業界初の介護技術認定制度「ケアマイスター制度」と、お客様へ最高のおもてなしとサービス提供を目指した「サービスマイスター制度」の二つの認定制度を独自に開発。スタッフのモチベーションアップやスキル向上だけでなく、全国からの視察依頼やメディア取材、またスタッフが入社を決める動機になるなど、外部からも注目されています。

ユニフォームイノベーション

介護=ジャージ?そんな既成概念にとらわれない「自由で柔軟な発想」を求めモード学園の生徒へデザインを依頼しました。このプロジェクトによって、明るい介護現場を世間へ発信し、業界変革の一助になることを願っています。

キッザケアの開催

今後ますます高齢化が進む日本。地域社会で高齢者を支えていくことが必要不可欠になってきます。“地域の福祉”の実現を目指し、次代を担う子供たちに介護を身近に感じてもらいたいとの思いで開催している職業体験イベント。「介護士」「看護師」「管理栄養士」「保育士」の4つが体験でき、午前・午後合わせて100名のお子様が参加する一大イベントとなっています。

経営方針

四分法

経営陣が会社運営をする上でもっとも大切にしている考え方です。

四分の一を以って、お客様と従業員満足のために為し

四分の一を以って、事業の発展のために為し

四分の一を以って、社会における役割を果たすべく奉仕し

四分の一を以って、不時の用意に備える

我々は四分法の精神に則り、社会性と永続性のある企業を目指します。