この業界にイノベーションの風を吹き込む先駆者になる

とらわれない自由な発想で、新しい価値観を福祉業界に発信し続けます。

01

施設建築へのこだわり

皆様の期待を裏切らないこだわりの住まいづくりのため、介護・建築・デザイン、それぞれの業界で一線を走る三社がこの目標に向かて全力で知識と技術を出し合い、最高のものづくりを目指します。少しでもいいものを……そこから生まれる住空間で新しいスタンダードをという熱意に妥協はありません。

02

サービスへのこだわり

サービスを研究するということは、介護の面だけではなく、「おもてなしの心」を追求するということに他なりません。食事・入浴・住居など、生活に関わる全てのものに対し、顧客満足を追求します。介護や保育が盤石なのは当然であって、いかに「こころ」が充実した時間を過ごしていただけるか。当社では日々研究を重ねています。

03

食事へのこだわり

料理は本来「食材」と「技」、そして「器」で楽しむもの。福祉業界では定番のメラミン食器ではなく、こだわりの食器で提供することはもとより、約4,000坪の自家農園から無農薬有機野菜を丹精込めて栽培し、本格料理人がそれを調理しています。「食」は「健」に通じ、はじめから終わりまで全てに関わることで「安心」をお約束します。

お客様につながるあらゆるものに妥協なき精神で臨む

妥協からは中途半端しか生まれない。技術・社員教育・サービス研究・施設建築
全てに信念と決意を持ったプロフェッショナルを目指します。

meister

ケアマイスター制度

高い技術力と熱い気持ちで現場を引っ張る。そんな現場力の高いスタッフにその能力を存分に発揮できる環境で活躍してほしい。いつもモチベーション高く、自らの成長にチャレンジしてほしい。そんな思いを込めてスタートしました。試験は筆記と実技で構成されており、ケアマネジャー、介護福祉士の資格試験問題とリンク。下位クラスから勉強を積み重ね、資格取得に備えることができます。プラチナ以上の取得者は運営管理、外部講師として他社に研修に行くなど、活躍の場を広げています。

service

サービスマイスター制度

介護技術だけを極めても介護のプロとはいえません。「福祉=サービス業」であるという考えは、介護業界でも常識になってきており、サービスに対する心構えや対応技術、態度・振舞いに関しても質を求められます。接遇に関する知識と、それを実行できるスキルを身につけることを目的に導入しました。スタートしてまだ2年。定着までの道のりは遠いですが、上位クラスのメンバーが自主的にマナー向上の勉強会を開催するなど、着実に効果が表れています。誰にでも誇れる介護サービスの実現を目指し、志高く取り組んでいます。

kidzacare

キッザケア

今後ますます高齢化が進む日本。地域社会で高齢者を支えていくことが必要不可欠になってきます。“地域の福祉”の実現を目指し、次代を担う子どもたちに介護を身近に感じてもらいたいとの思いで開催した職業体験イベント。100名以上の子どもたちが、介護士・看護師・管理栄養士・保育士の4つの体験を行いました。

uniform-1

制服リニューアル

介護=ジャージ?そんな既成概念にとらわれない「自由で柔軟な発想」を求め、大阪モード学園の生徒にデザインを依頼しました。このプロジェクトによって、明るい介護現場を世間へ発信し、業界変革の一助になることを願っています。