新しい助っ人2

前回ひもときシートを紹介しました。ひもときシートを説明していくには改めてパーソン・センタード・ケアを紹介しなければいけません。

「パーソン・センタード・ケア」って一体なんだろう。

 

パーソン・センタード・とは、ケア認知症の方を一人の”人”として尊重し、その人の視点や立場に立って、その人を理解してケアを行なおうとする”認知症ケアの考え方”のことです。英国のトム・キッドウッドが提唱したものです。

認知症の状態は5つの要因の相互作用と考えました。

1. 神経障害(アルツハイマー病や脳血管障害による)

2.性格傾向(気質・能力・対処スタイル)

3・生活歴

4。健康状態、感覚機能(視覚・聴力)

5.その人を取り囲む社会心理(人間関係のパターン)

従来のケアでは、上記の要因のうち1のみに注目したケアになっていませんか?Aさんの認知症を見ているだけで、認知症のAさん自身を全く見ていないのです。

パーソン・センタード・ケアの理念は、本人の性格傾向や生活歴、健康状態や感覚機能等に配慮しつつ、周囲の家族や介護者が適切な認識を持って接する事で認知症の状態に良い影響を与えようとするものなのです。

たとえ伝えることが難しくなっても、どんな暮らしをしてきたのか・どんな性格だったのか・なんでそういう行動を取るのか考え、認知症の人を支えていくことがパーソン・センタード・ケアの第一歩なのです。

「自分の人生を自分で生き、個人として他人に受け入れられたい」という誰でも持っている基本的な欲求が認知症になるとなくなってしまうわけではないのです。人は何があっても人なのです。

キッドウッドはこれらの基本的な欲求を5つの花弁を持つ花のような図で表現しました。中心に愛、そしてその周りに「周囲の人々と共にあること」「くつろぎ」「自分らしさ」「結びつき」「たずさわること」が描かれます。

 

パーソン・センタード・ケアは特別なものではありません。私達がずっと心に秘めていた、やりたかった事を再考できる考え方です。今改めて紹介したのは私自身がユマニチュード流ケアを伝える言葉に詰まった事もありますが、このキッドウッドの花の図で頭の中を整理できたからです。

次回はひもときシートに触れていきたいです。

 

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です