ケアをする人は何者なんだろう?

最近の介護に関するニュースは暗いものばかり。介護者の人間性が問われる部分です。

私達は何の為に介護するのでしょうか。仕事だからでしょうか。義務感にかられて仕方なくでしょうか。

きれいごとばかりを並べる気はありません。

唯々、人は人と関わるために「人を傷つけるために」関わってはいけないと思うんです。

職業として福祉を選んだのなら自分とお客様という関係があるかもしれません。家庭内で家族の支援をしているのなら、それぞれの家族の関係があるかもしれません。

ただそこでは必要以上に「やってあげてる」や「やらせていただく」は必要ないと思います。

「やってあげてる」が強い人は、いい風に言えば世話好き。正直にいえばおせっかいな人なのかもしれません。

そんなつもりではないのに、実は思ったより「ケアを受ける人」から受け入れられていない事はないですか。

『回復を目指す』ケアでしょうか。『現状を維持する』ケアでしょうか。『最後まで寄り添う』のでしょうか。何が必要とされていて、何が目的でケアするかによって、関わり方は変わってくるんです。

本当に今必要なのはどんなケアなのか落ち着いて見つめなおす事が必要です。

「やってあげている人」は「押し付けている人」。仕事を見て、目の前にいるケアを受ける人の顔も気持ちも見ていないかもしれません。

『やらせていただく』が強い人。ケアする時の口癖は「すいません。」ではないですか?

その「すいません。」を「ありがとうございます。」に言い換えられませんか。「すいません。」が拒否されると人は「こんなに下手に出ているのに!!」と受け入れられない怒りに変わってしまうことが多い生き物です。

だからその「すいません。」を、笑顔を添えて「ありがとうございます。」に変えてみましょう。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です