突然の出会いは僕の心をかき乱しながら、そして穏やかな終息へと向かう。(※意味不)

こんにちは、犬塚です。

 

昨夜行われた、僕とJC(※1)との会話。

「今日、学校で先生が好きな芸能人は?と皆に聞いてきた。私はホントは○○とか××(※僕からしたらメジャーなバンド名)が好きなんだけど、絶対みんな知らんし。と思って□□(※普通にメジャーな女性ユニット)って、言っといた。」

それについて色々と家族会議?を展開した後、僕とJCで超有名動画投稿サイトにて現在の邦楽バンドの好みについて、更なる熱い議論を取り交わし、一通りキャッキャ、キャッキャ言った後、僕1人で主に自分が10代後半から20代前半の頃、好きだった曲(主に洋楽)を求めてサイト内を徘徊、もとい、散策しながら「うわっ、これこれ」とか「あぁ、懐かしすぎるぅ」とか思いつつ過去の思ひ出に浸っておった訳です。40過ぎのオッサンが・・・

で、ここからが本題です。

20年もの時を経て、歌えるわけですよ?あの頃好きだった洋楽が。何となくの発音と何となくのリズムと何となくの盛り上がりを、ここでこう!!とか思いながらね(恥)

歌なんかもう数年来、歌うこと無いし、最近聞いて「あぁ良いな」と思う邦楽とかでも全然歌詞なんか覚えられないのに。

そこで、ハッと気づいた訳です。ワタクシ。「これって認知症の方の感覚と似ているんではないだろうか?」

・最近の事は覚えられない(短期記憶)が、昔の事は良く覚えてる(長期記憶)

・歌いながら頭の中はその当時の映像(記憶)がぐ~るぐ~る廻っておった訳ですが、これもまた

「認知症の方が《今》ではないその時々の時代(記憶の中)を、《今》こうして生きている。事や、

ちょっと切り口変わりますが、

・音楽回想法という認知症防止プログラムがありますが確かに好きな曲聞くと、頭の中で記憶がフラッシュバックしてきて色んな事、思い出せるもんだな。とか、改めて気づかされた夜でした。

思わぬ娘の一言で、思わず昔を懐かしみ、思わぬ気づきを得た話

でした。

 

(※1)=娘

今回もユマニチュードとは直接関係の無い話ばかりでほんと、すいません。

 

 

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です