話す

ユマニチュードを続けて半年以上過ぎ、少しづつ手応えを感じる今日このごろ。

「ユマニチュード」を取り入れて一番変わった事は、他のスタッフが「意思疎通が難しい」と決めつけていた方々に対してユマニチュード的にコミュニケーションとる事によって、意思疎通ができる喜びを感じたことです。

優しさを伝える技法を通して、優しさが伝わったからでしょうか。

私達の施設では「暮らし方シート」という、ご利用者様の今までの生活の習慣や趣味やお好きな食べ物を記入するシートがあります。主に認知症が重い方々からは直接のお話が伺いにくいので、ご家族様への聞き取りで記入しています。

ユマニチュードを始めて、今まで記入出来なかった事が、ご利用者の生の声として記録できるようになってきました。本当に少しずつではありますが、何気ない日常会話の中からその方の辿ってきた人生を知れる瞬間があるのです。

この暮らし方シートに完璧はありません。これからもどんどんご利用者様の声を拾い加筆していきます。

ユマニチュードで私達スタッフも「ご利用者様を深く知る喜び」を感じたエピソードでした。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です